三線職人・演奏家が語る三線の歴史

11/7(木)

「琉球」の音色を聴く

三線職人と演奏家、研究者がそれぞれの立場から三線について語ります。

実演奏も交えながら、王朝時代の音色について、最新の研究や調査結果をお伝えします。

概要

【日時】2019年11月7日(木) 14:40~16:10

【会場】京都市立芸術大学 合同研究室(新研究棟7階)

【講話】

 仲嶺 幹(沖縄県三線製作事業協同組合事務局長) 

 喜納吏一(琉球古典音楽 野村流音楽協会師範)  

 遠藤美奈(日本伝統音楽研究センター非常勤講師)