MENU
メニューを閉じる

枝川 勝

えがわ まさる

1973年7月18日 浦添市生まれ
三線製作の第一人者である名匠 銘刈春政氏に師事し、多年にわたり三線製作の真髄を伝授される。2014年、沖縄県立博物館•美術館主催「三線打ティーワジャコンテスト」にて沖縄県立博物館•美術館館長賞を受賞。

自らは琉球國民謡協会の教師免許を持ち、三線奏者として音の追求に余念がない。みなみ三線店に訪れる顧客の大半が、自らの音を求めてたどり着く。その顧客層は30代~70代までと幅広く、全国各地に存在する。

女性の声質に合わせた低めの調弦、キーを上げて唄う男性。柔らかく暖かみの広がる音色や、艶があり深みのある音色まで、最高の音色のために細部に徹底してこだわっている。

2014年 三線打ティーワジャーコンテスト 沖縄県立博物館・美術館館長賞受賞

代表作品

沖縄県立博物館・美術館館長賞作品

型/湧川開鐘三線(写し)
棹材/カミゲン黒木
塗り/鏡面黒塗り
皮/本皮一枚張り(8分張り) 
歌口/象牙
カラクイ/牛骨梅型
ティーガー/南風原絣(手作り)