MENU
メニューを閉じる

琉球古典音楽野村流伝統音楽協会

中村 一雄

なかむら いちお

 本会は、1982(昭和57)年12月に琉球王朝から継承される琉球古典音楽野村流を遵法する、新生「野村流伝統音楽協会」として誕生しました。 設立目的は「琉球古典音楽野村流の保存と普及発展に努め、伝統文化の高揚に寄与し併せて会員相互の親睦を図る」です。
 年間事業は、琉球古典音楽(歌・三線、胡弓、笛)の師範及び教師免許の審査、春・秋の演奏会、琉球新報社主催琉球古典芸能コンクールへの参加、師範・教師研修会、隔年ごとの研究発表会定期公演、地謡研修部「海邦組踊シリーズ」発表会、沖縄科学技術大学院大学(OIST)公演、その他将来を担う子どもたちを対象にした琉楽奨励賞コンクール等の事業を展開しております。
 琉楽奨励賞は、県内の小・中・高校生を対象にした、新人賞・優秀賞・最高賞・グランプリ(伝音協会長賞・琉球新報社長賞)のコンクールで、これまでに12回開催され、累計760名余の生徒たちが登竜門を突破しました。近年、沖縄伝統音楽の普及発展はめざましいものがあり、ユネスコの世界無形文化遺産に登録された組踊をはじめ琉球舞踊・エイサー・民謡等の元となる「歌・三線」の愛好者は年々増加し、県外や国外まで普及発展しております。
 本会の会員の中にも、多くの県外・国外出身者がおりますが、今後ともウチナーンチュはもちろん、多くの方々の加入を歓迎しております。

名  称 : 琉球古典音楽野村流伝統音楽協会
所 在 地 : 本  部  那覇市
宮古支部  宮古島市
久米島支部 久米島町
関東支部  東京都
役  員 : 会  長 中村 一雄
       副 会 長 玉城 利和
       副 会 長 大城 次男
       監  事 吉元 重夫
       監  事 長嶺 貞子
       相 談 役 新垣 万善 知花 元盛 前川 朝文 大城 米雄
            高良 利雄 大城 長俊 諸見里安次 與座 圓光
            首里 良三 渡久地正博 大城 盛昌

会 員 数 : 正会員総数500名
平成29年度主要事業
平成29年6月4日 創立35周年記念第18回研究発表会(別紙チラシ)
平成29年11月19日 AROHA伝音ハワイ公演(別紙チラシ)

◇ 創立35周年記念第18回研究発表会

日時 2017年6月4日 昼の部13:00(開場12:30) 夜の部18:00(開場17:30)

場所 豊見城市立中央公民館大ホール

 

🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸

 

◇ AROHA伝音ハワイ公演

【お問い合わせ】

事 務 局 長 金城 徹男:098-850-2066

総務担当書記 瑞慶山 良祐:098-862-1739

 

🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸

・教本のご紹介