MENU
メニューを閉じる

県産三線普及ブランド化事業メニュー

事業内容

600年の歴史を持ち、うちなーの宝と誇れる沖縄の「三線」。
その三線は、いまや沖縄県内にとどまらず、県外や海外にも多くのファンを有し、沖縄文化の代表として子供からお年寄りまで幅広い層で愛され、奏でられています。

ところが今、その三線の75%が海外産であり、県内の三線職人の手によって作られた三線は、なんと全体の25%にも満たないことが分かっています。

これらの状況は、新たな若手職人の育成を困難にさせるなど、これからの三線の未来を考えるうえで、いくつもの課題を浮き彫りにしています。
そのため、今の三線の現状をいろんな角度から調査をし、学識者や演奏家など他団体からご意見を頂きながら連携を深め、より一層確かな技術に基づいた「三線」を普及・発展させていくための礎をつくろうと、今年度より「県産三線普及ブランド化事業」を立ち上げ、3年にわたり取り組むことになりました。

三線は2012年に当組合の元、県の伝統的工芸品として指定を受けましたが、今年度の事業では、さらに国の伝統的工芸品に指定しようとする、より大きな三線のブランド化が目的の一つにあります。

伝統的技法を受け継ぐ三線職人の手で、しっかりと本物といえる三線製作の技術を後世に残し続けていきたい!! この意志に賛同していただいた多方面の方々が、このたび委員に加わってくださりブランド化委員会が発足することとなりました。

国の指定はあくまでも重要な過程、契機ととらえており、これらを踏まえながら更に新しい時代のニーズに寛容に、果敢に、挑戦し、これからの大きな三線のブランディングに繋げていきたいと考えております。

三線のブランド化が三線職人だけでなく、多くの愛好家や演奏団体・三線製作店や文化団体、三線に関わる全ての方々と共に一丸となり、ブランド化の大きなムーブメントになるよう取り組んでいきたいと思っております。

沖縄県三線製作事業協同組合