仲嶺 盛文

仲嶺 盛文

なかみね せいぶん

1946年浦添生まれ
高校を通いながら、12歳年上の兄(仲嶺 盛英)の元、三線作りを手伝い始める33歳に独立、木を見て、皮を見て、歌い手を見て、相手の声の質と特徴を見分けて太ければ落ち着いた音に、細ければ華やかな音に全体を作り上げる
それぞれのオンリーワンを求めて。

平成24年沖縄県工芸士認定
平成26年三線打ティーワジャーコンテストにて審査委員を務める

店舗情報

店舗名 仲嶺三味線店
店主 仲嶺盛文
住所 〒901-2132 沖縄県浦添市伊祖4-17-2
電話番号098-877-9589

代表作品

カミゲン平中知念型三線

型/平中知念型 棹材/カミゲン
塗り/スンチーすり込み
皮/本皮一枚張り(8分張り) 
歌口/象牙
カラクイ/ラクト材、黒檀

代表作品1代表作品2代表作品3代表作品4