MENU
メニューを閉じる

職人・作品

昔から琉球の人々は三線が完成した際に「良い出来だね」とは言わず
「ゆーぅんまりとーん(良い生まれだね)」と表現しました。
名工と呼ばれる職人たちの技術と情熱によって「生まれた」三線は
伝来から600年以上の時を経て、多くの演奏家や愛好家たちの手により、
今日まで愛情たっぷりに「育てられて」きたといえるのです。