MENU
メニューを閉じる

伝統的な7つの型

三線は棹、胴、カラクイ(糸巻き)から成り立ち、棹の形状によって型が決まります。
代表的な7つの型は、それを生み出した琉球王国時代の名工の名前がつけられています。
棹の太さや糸蔵の長さ、天や鳩胸の形などを見比べてその違いをみつけてみましょう。

南風原(フェーバル)型

最も古い型とされていて、棹は細めで小ぶりなのが特徴です。野丸と鳩胸の区別がほとんどできません。

南風原横
南風原
南風原

南風原

南風原正面

知念大工(チニンデーク)型

三線主取(サンシンヌシドゥイ)(三線製作者を管轄する役人)に任命された知念の作とされています。天と鳩胸にかすかに稜線があります。

知念大工横
知念大工
知念大工

知念大工

知念大工正面

久場春殿(クバシュンドゥン)型

三線の中では最も大型です。下方へ近づくにつれて次第に太くなります。胴内部の心の付け根には段が施されています。

久場春殿横
久場春殿
久場春殿

久場春殿

久場春殿

久葉の骨(クバヌフニー)型

久場春殿(クバシュンドゥン)の作と言われています。横から見るとクバ(ビロウ)の葉柄に似ていることから名付けられました。棹は最も細く、下方へ近づくにつれ太くなります。7型の中で最も小ぶりです。

久葉の骨横
久葉の骨
久葉の骨

久葉の骨

久葉の骨正面

真壁(マカビ)型

最も普及している型で、名工・真壁里之子(マカビサトゥヌシ)の作とされています。盛嶋開鐘に代表されるように、琉球王国時代に「開鐘」(ケージョー)と呼ばれていた型はこの真壁型を指します。

真壁横
真壁
真壁

真壁

真壁横正面

平仲知念(ヒラナカチニン)型

知念大工の系統に属する平仲の作とされています。天の湾曲が大きく、中央と鳩胸の稜線が特徴的です。

平仲知念横
平仲知念
平仲知念

平仲知念

平仲知念横正面

与那城(ユナグシク)型

名工・真壁里之子(マカビサトゥヌシ)と同時代の与那城の作と伝えられています。棹は厚みがあり、糸蔵は長めで鳩胸も大ぶりな作りです。通称ユナーと呼ばれています。

与那城横
与那城
与那城

与那城

与那城正面