伝統マークについて

伝統マーク

承認番号 R1-155

伝統的工芸品のシンボルマークについて

伝統マークは、経済産業大臣指定伝統的工芸品のシンボルマークです。
経済産業大臣が指定した技術・技法・原材料で制作され、産地検査に合格した製品には、伝統マークのデザインを使った「伝統証紙」が貼られています。この伝統証紙が貼られている製品は、検査を実施したものであり、品質について誇りと責任をもってお届けする製品です。

経済産業大臣指定伝統的工芸品とは

  • 生活に豊かさと潤いを与える工芸品
  • 機械により大量生産されるものではなく、製品の持ち味に大きな影響を与えるような部分が職人の手づくりにより作られています。
  • 100 年以上前から今日まで続いている伝統的な技術や技法で作られたものです。
  • 品質の維持や持ち味を出すために、主要な部分が 100 年以上前から今日まで伝統的に使用されてきた材料でできています。
  • 一定の地域において、ある程度の規模を形成してつくられてきたものです。

(一般社団法人 伝統的工芸品産業振興協会より引用)