くるちワークショップ 質問回答集

ワークショップへのご質問ありがとうございました。

以下の通り、回答を掲載いたします。

動画の中でいくつか講師陣が回答しておりますので、ぜひ動画もご覧ください!


【くるちの育苗についての質問&回答】


◆気温

Q.本土でくるちを育てたいが、気温が心配。育成には10℃を下回らない方がいいのか?

A.沖縄では10℃以下、本土では5℃以下にならないように気を付けてください。

本土では室内で育ててください。

 

◆陽射し

Q. くるちは日差しをいっぱいに浴びて育つイメージがある。室内の場合は、窓際でなく日陰で育てるのはなぜ?外気温が高めの季節は、屋外に出してあげた方がいいか?

A.くるちは直射日光に弱いため、室内でも室外でも日差しを避けてください。

沖縄でも本土でも日光を70%カットする必要があります。

屋外では遮光ネットなどを活用して日差しを遮る必要があります。

外気温が高ければ室外にて育苗は可能ですが、日陰または遮光ネットを活用して育ててください。

 

◆土・植え替え

Q.赤土じゃないと育ちませんか?違う土でもよいか植え替えの際の土は 培養土でもよいか?

A.養分の入った土はくるちの育苗に適していません。沖縄では島尻土、本土では真砂土、赤玉土を利用してください。

Q.初回の鉢替え、庭植え替えのタイミングの目安が知りたい

A.苗の高さ(苗高)が10cmになる時が鉢植え(鉢替え)のタイミングです。

くるちの種まきキットの鉢に5本であると少し混んでいますので、苗高8cmの段階で鉢替えでもOKです。

※三線組合では2023年春ごろに植替えを予定しておりますので、そのころに詳細をSNSなどで情報発信いたします。

 

◆肥料

Q.肥料は与えた方がいいですか

A.肥料は不要です。土の種類の回答のとおり、くるちの育苗には栄養分は不要です。

 

◆植え方

Q.鉢を別途用意して5つとも育ててもよいのか

A.5つの苗を大き目の鉢に植え替えて育てることは可能です。

※三線組合では2023年春ごろに植替えを予定しておりますので、そのころに詳細をSNSなどで情報発信いたします。

Q.くるちの種子を採取し、植える時の下処理はありますか?

A.ご自身で果実から種子を採取される場合は、赤く完熟した実を選び、果肉を水で洗い流してから使用します。

 

◆食べたい!

Q.くるちの実を食べてみたいのですが、以前 高校生がくるちの実を使って「ちんびん」を作っていましたが、他にくるちの実を使ったレシピありますか

A.くるちの実は戦時中の救荒食物として食べられていました。赤く熟した果実は干し柿のような味がします。残念ながら、料理への活用はそれほどされていません。

 

◆原材料について

Q.くるちの黒い部分以外は何かに使われますか?

A.三線では辺材(まわりの白い部分)は使用されていません。

棹を切り出して出る端材はカラクイや爪の製作に使われます。

さらに小さな端材の活用のため、三線組合ではアクセサリーにして販売するなど、無駄のない利用を模索しています。

◆冬の育苗について

12~2月は沖縄も寒くなり、水やりのペースを落としてゆきます。

水をやりすぎると、根腐れなどが起こります。
水やりペースは朝、土が乾いていたらやるようにします。
また、発芽していない種子は休眠しているので、春先に発芽する可能性があるので、引き続き、直射日光を避け、10℃以上を保ったまま育苗します。